アズブログ

アズブログ

旅とマンガと食と自ギャグ
プロフィール

安住だいち

Author:安住だいち
マンガ・イラスト描いてます。

↓ハルタにて連載終了しました
インテリアコメディ
「最愛の隣の悪夢」
fellows!

最愛の隣の悪夢 1巻 (ビームコミックス)最愛の隣の悪夢 1巻 (ビームコミックス)
(2012/05/14)
安住だいち

商品詳細を見る
最愛の隣の悪夢 2巻 (ビームコミックス)最愛の隣の悪夢 2巻 (ビームコミックス)
(2013/06/15)
安住だいち

商品詳細を見る

Kindle版も発売中
最愛の隣の悪夢 1巻 ビームコミックス(ハルタ)
最愛の隣の悪夢 2巻 ビームコミックス(ハルタ)

↓同人誌『少女マンガ2』発売中
少女バナー
↓チャリティ同人誌参加します
震災に負けるな!2

カンボジアを舞台にした
読みきり3本掲載されてます。
↓遺跡マンガ「遺されしもの」
Fellows! 2010-OCTOBER volume 13 (ビームコミックス)Fellows! 2010-OCTOBER volume 13
(2010/10/15)
↓舞踊マンガ「祝福の舞」
Fellows! 2010-APRIL volume 10A (ビームコミックス) (BEAM COMIX)Fellows! 2010-APRIL volume 10A
(2010/04/15)
↓旅マンガ「サンライズ」
Fellows! 2009-JUNE volume 5 (BEAM COMIX)Fellows! 2009-JUNE volume 5
(2009/06/15)

テニス・ジャーナル誌にて連載終了しました大学テニス部マンガ
RISE」(原作・磯貝亮一)


Twitter on FC2

リンク
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
QRコード

QR

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100623 Wed
カンボジア勉強会と講演会 

カンボジア勉強会と講演会 

大分たってしまいましたが、6/5(土)にアンコール遺跡群フォトギャラリー
カンボジア勉強会に参加してきました。
隔月で開催され、私は今まで4~5回参加させて頂き、知り合いが増えていきます。


この日の内容は、カンボジア版味噌(?)で珍味(?)の、
魚を発酵させた食品プラホックについて、で

以前旅行した時にプノンペン中で探し回った、
トーマダーというカンボジア情報誌の編集長
井伊 誠さんによる発表でした。

口にしたのは、先日のレストランアプサラが初めてでしたが、
なにかクセになる味…(発酵食品は大好物です!)
旅行中は知らなかったけど、多分料理に入ってたんじゃないかと。
(市場でも見てると思う)


漁をして製造する過程を映像と解説を交えて披露して頂きました。
厳密には違うけれど、ナンプラーなどと近いのでしょう。

これはプラホックとは別物。たまたま見つけましたが、
魚を足で踏んづけてミンチにしたり、蛆が湧いていたりと
共通項が色々見受けられます。

もしかして10年以内くらいには、缶やビン詰めで
日本で買える日も来るかもなぁと思ったりしました。



そして一昨日6/21(月)カンボジア勉強会の繋がりでお知らせ頂き、上智大学に
「カンボジアの死生観~アンコール地域における葬送儀礼の調査から~」
という講演会を聴きに行きました。

場所が大学内の図書館8階…とあったのですが、行ってみて
図書館棟(確か10階くらいあった気がする)
全部図書館になってるのに驚きました!
なんという蔵書量…一瞬母校と比べて切ない気持ちに…
さすが上智!!

…で内容は、タイトルの通りカンボジアの「おくりびと」の様子と、
カンボジアの霊魂観というもので、
マンガの題材には美味しいなぁと聞き耳を立てて聴いてましたが、
恐らく私みたいなのは異端で、
質疑応答では大変アカデミックなやり取りが繰り広げられてビビってました。



その後カンボジア勉強会の方々と、この日の講師を勤められたAさんと
飲み会へ。暑い季節はビールがウマイ!

Aさんは普段カンボジアに滞在して研究しながら、
趣味のクライミングの記事を山岳雑誌に寄稿していて、
クライミングを始めるきっかけは、アンコール遺跡をよじ登ったことだそうで…
その場では納得し、「安住さんもどうですか~?」なんてお酒の席で言われ
少しその気になって調べようとしたんですが、
家族に「手を使う仕事だから!」とか「ともかくムリ!やめた方がいい!」
とまあ猛反対を受けまして、
悔しいけど妙に納得してしまい…諦めましたorz


…で、そのAさん、一時帰国中に
富士山に登ってスキーで降りてくるというレジャーに参加するそうで…
登る時は板を担いでいく(リフトも無いですもんね)そうで…

一昨年前の夏に富士登山を経験し、
「ドMが登る山という噂は本当だ…」と
体力の限界点でしみじみ感じた私には、

あ り え ん ! !

と思いました。

そしたら「降る時は滑っていくから楽ですよ♪」と仰っていて…
年下の女性なんですが、あまりの大物ぶりに、
惚れそうになってしまいました(なんつって。)


ちなみにこの日は、変に気を遣って言えなかったんですが
誕生日で…
(年齢不相応の生活というコンプレックスも相まって)
年を重ねるのを認めたくないというのがあったのですが、
1日過ぎるのが年々速くなるなぁ…という感じ以外は
別段なにも変わることもないし、なんか受け入れられてきました。

来年こそはなにかが前進してれば、いいなぁ…
ネームの速さとか…(←切実です)

あ、拍手ありがとうございまする!
↓レスです。


ゆーごーさん>ぼちぼち元気で相変らずですが…
年をとりました…><
欲しいものは体力です(←これも切実)

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://nomadtrace.blog15.fc2.com/tb.php/91-c65beea4

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。