アズブログ

アズブログ

旅とマンガと食と自ギャグ
プロフィール

安住だいち

Author:安住だいち
マンガ・イラスト描いてます。

↓ハルタにて連載終了しました
インテリアコメディ
「最愛の隣の悪夢」
fellows!

最愛の隣の悪夢 1巻 (ビームコミックス)最愛の隣の悪夢 1巻 (ビームコミックス)
(2012/05/14)
安住だいち

商品詳細を見る
最愛の隣の悪夢 2巻 (ビームコミックス)最愛の隣の悪夢 2巻 (ビームコミックス)
(2013/06/15)
安住だいち

商品詳細を見る

Kindle版も発売中
最愛の隣の悪夢 1巻 ビームコミックス(ハルタ)
最愛の隣の悪夢 2巻 ビームコミックス(ハルタ)

↓同人誌『少女マンガ2』発売中
少女バナー
↓チャリティ同人誌参加します
震災に負けるな!2

カンボジアを舞台にした
読みきり3本掲載されてます。
↓遺跡マンガ「遺されしもの」
Fellows! 2010-OCTOBER volume 13 (ビームコミックス)Fellows! 2010-OCTOBER volume 13
(2010/10/15)
↓舞踊マンガ「祝福の舞」
Fellows! 2010-APRIL volume 10A (ビームコミックス) (BEAM COMIX)Fellows! 2010-APRIL volume 10A
(2010/04/15)
↓旅マンガ「サンライズ」
Fellows! 2009-JUNE volume 5 (BEAM COMIX)Fellows! 2009-JUNE volume 5
(2009/06/15)

テニス・ジャーナル誌にて連載終了しました大学テニス部マンガ
RISE」(原作・磯貝亮一)


Twitter on FC2

リンク
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
QRコード

QR

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20081007 Tue
バスの旅 

バスの旅 

シェムリアップから役5時間半南下すると、プノンペンへ到着します。
今やカンボジアの主要道路は舗装され、交通の便が良くなりました。
私が今回乗った「メコンエクスプレスバス」は、シェムリアップから
プノンペンを経由し、ベトナムのホーチミンまで就行しています。
mekongexpress
ヨーロッパだと鉄道移動が主流なんでしょうが、
東南アジアはまだバスが頼りみたいです。

10/6(後) ネカフェでアップされるのを待ってたら思いのほか時間が経つ。
遅いよこのマシン!?急いで宿に戻り預けていた荷物を持ってバイクタクシーを捜す。
なんか、みんなランチ中でほかをあたれと言われる…
必要ない時に声掛けてくるのに、必要なときは捕まらないなんてどういうこと!?
…と思ってたら、バイクに乗ったおじさんが気付いて乗せてくれる。
「バスターミナルで1ドルで」「オーケー」出来れば急いで欲しいのに、
のんびりと走る上、道が判らないのか遠回りまでしてる。
強めに急いで!と言うと、英語が判らないという。
おまけに、どこに向かおうとしてるのかも判らないみたい…
ふざけんな!こんな時に!!
バスを手配した会社の人は、バスターミナルと言えば誰でもわかるって言ってたのに…

そこで持っててヨカッタ!!と思ったのが、旅の指差し会話カンボジア

旅の指さし会話帳19カンボジア (ここ以外のどこかへ!)旅の指さし会話帳19カンボジア (ここ以外のどこかへ!)
(2001/08/21)
福富友子

商品詳細を見る
荷物を抱えながらバイクの後ろで本を開き、バスを探す…
見せたら「オッケー!」とやっと通じてくれる!
おまけに遠いから2ドルだとかぬかしやがる…
こっちも急いでたので2ドル払ってバス停へ。
時間はピッタリ!間に合ったーと思ってたら、
そこから30分以上待たされる…
busterminal

奇しくもバス停は、昨日会ったスンタンさん達の家の目の前。
遠目に眺めて「元気でねー」と心の中でつぶやく。

当のバスは、快適でした。結構グレードの高いタイプだけど、
現地の人が半分、観光客が半分くらい。
クメール衣装に身を包んだバスガイドさんも同行。
おまけに、パン2個とミネラルウォーターがついてくる。
人気があるのかシートは満席。
bus

乗車時間も長いしなぁ…と、恥ずかしげも無く首枕をふくらましてると、
両側のカンボジア人に面白がられる。
20歳の美人オーエルさんと、お金持ちそうで地球の歩き方でも紹介されてる
カフェやレストランの中国系ビジネスマン、英語ぺらぺら。
最近身体検査をしたら、コレステロール値が高く、
医者にダイエットと運動を進められていると話す。
そんなはずなのに、乗車前に、フライドポテトを買ってきたらしい。
3分の1くらいもらい、つまみながら微妙に話す。
彼曰く、このバスも、昔は外人だらけだったのに、
現地の人間が乗れるようになった、という。
この国の経済成長ぶりがうかがえる。

テレビ(とトイレ)付きのバスだったので、つい映像を見る。
お笑いショーのDVDが人気らしく、プロマンというコメディアンのお笑いが流れる。
とても有名らしく、現在はアメリカ在住。
無表情でシュールなギャグを飛ばすらしく、ビジネスマンは大爆笑。
その様を見て、私と20歳がクスクスする。

そのDVDが終わると、カンボジア歌手のDVDにチェンジする。ほぼ演歌。
だが20歳は、この歌手の歌が大好きという。名前は聞けず...
歌詞はわからないが、映像を見ると内容がうかがえる。
物憂げそうにしながら、恋人との障害ある関係に悩む歌が多そう。
時に田んぼの水車の上で、時にハンモックに揺られながら。
極めつけは、幼い子供を抱える屋台のバイク修理工をしながら、高らかに歌う。
状況が実にカンボジアらしい。
この歌手、誰かに似てるなぁと、じーっとみてたら、顔が香取信吾にそっくり。
enka
でも、もう少し華奢な感じ。出てくる女性は代わる代わる、
時にミスコン受賞者だったり、女優だったり。

一方、景色に目をやると、数十メートルおきに日本にもある、
~注意の黄色い標識が見える。
子供に注意だったり、一番多かったのは、牛に注意。
usihyousiki
たまーに、多分「不発弾注意」の標識が目に入る。
hyousiki
不発弾は、どうやって注意すればいいんだろう…?と思う。
それ以外は基本的に田んぼ一色。

道中、コンポントムという街で15分のトイレ休憩。
conpontom
この時、今回カンボジアに来て初めてのストリートチルドレンと遭遇。
噂で強制撤去されたと聞いていたが、シェムリアップには居なかったことに気づく。
あと、屋台でカットマンゴーを購入。
cutmango
パイナップルもそうだが、上手くカットされてて、手を汚さずに食べられる。
少し硬くて酸っぱかった。

ところどころ寝ながらも、予定通り6時半到着。
両隣にかまってもらったお陰で、退屈せずに済んだ。

久しぶりのプノンペンだ。日は暮れて暗くなったが、
明らかに街の様子が変わったのが分かる。
nightphnonphen

ここから、お世話になる予定のMAKE THE HEAVENというNGOの人と合流。
宿も彼らの滞在してる一室を借りる。
宿に向かう最中、シェムリアップと比べて危なそうな雰囲気に気が引き締まってくる。
都会はやっぱ、少し怖い。

宿に荷物を置いてから、夕食へ連れて行ってもらう。
彼らが支援している孤児院の院長が経営するレストランで、
月曜と土曜に子供たちのダンスショーが開かれるという。
タイミングが良かったので飛び込みで滑り込む。
tyunpo-
dance2

正直、先日シェムリアップでみたダンスショーよりも全然良かった!
席が近いのもあるが、子供の一生懸命なエネルギーに圧倒される。
coconutsdance
bumboodance
最近、こういうのに感動し易い。歳を感じる…
final
宿に戻ると、引率してくれた女性スタッフは
一人暮らしのアパートへ向かうので、と別れる。
一人暮らしなんてすごいなぁ、カンボジア語もぺらぺらだし…と関心する。

ここの宿で嬉しいのが、ホットシャワーがあること。
シェムリで泊まってた宿は、ホットシャワーが付くと値段が上がるので、
水シャワーで我慢していたが、雨季の今、暑さがさほどでもないので正直寒かった。

一緒に滞在してる他のスタッフ達がみんな若そうで、学生っぽく見える。
NGOかものはしプロジェクトの本木さんは、どちらかというと頭が良さそうで
ビジネスマン的な感じだったが。
私ちょっと浮いてるなぁ…と感じながら、なかなか寝付けず1時頃就寝。

次の日(今日ですな)から本格的にプノンペン散策開始。
スポンサーサイト

Comment

旅!

from kino
旅日記いいね~!すごくドキドキしながら読んでます(笑
オナカにご注意!w

from アズミ
わー、ありがとう!毎回長いので書くのに必死…
腹具合は終盤になるにつれてゆるくなってます…
うー、がんばってくれ!マイオナカ!!

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://nomadtrace.blog15.fc2.com/tb.php/31-a4f92e57

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。