アズブログ

アズブログ

旅とマンガと食と自ギャグ
プロフィール

安住だいち

Author:安住だいち
マンガ・イラスト描いてます。

↓ハルタにて連載終了しました
インテリアコメディ
「最愛の隣の悪夢」
fellows!

最愛の隣の悪夢 1巻 (ビームコミックス)最愛の隣の悪夢 1巻 (ビームコミックス)
(2012/05/14)
安住だいち

商品詳細を見る
最愛の隣の悪夢 2巻 (ビームコミックス)最愛の隣の悪夢 2巻 (ビームコミックス)
(2013/06/15)
安住だいち

商品詳細を見る

Kindle版も発売中
最愛の隣の悪夢 1巻 ビームコミックス(ハルタ)
最愛の隣の悪夢 2巻 ビームコミックス(ハルタ)

↓同人誌『少女マンガ2』発売中
少女バナー
↓チャリティ同人誌参加します
震災に負けるな!2

カンボジアを舞台にした
読みきり3本掲載されてます。
↓遺跡マンガ「遺されしもの」
Fellows! 2010-OCTOBER volume 13 (ビームコミックス)Fellows! 2010-OCTOBER volume 13
(2010/10/15)
↓舞踊マンガ「祝福の舞」
Fellows! 2010-APRIL volume 10A (ビームコミックス) (BEAM COMIX)Fellows! 2010-APRIL volume 10A
(2010/04/15)
↓旅マンガ「サンライズ」
Fellows! 2009-JUNE volume 5 (BEAM COMIX)Fellows! 2009-JUNE volume 5
(2009/06/15)

テニス・ジャーナル誌にて連載終了しました大学テニス部マンガ
RISE」(原作・磯貝亮一)


Twitter on FC2

リンク
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
QRコード

QR

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080910 Wed
イントゥ・ザ・ワイルド 

イントゥ・ザ・ワイルド 

最近、映画の感想ばかり…
ネタ出し中は観まくりです(でもネタ出ない…)

イントゥ・ザ・ワイルド
テアトル・タイムズスクエアにて。朝一の回なのに席が埋まってました。

予告を観ただけで食いついてしまい、前情報を入れずに鑑賞して、
ラストにすごくショックを受けて、どよーんとしたんですが、

…実在の人物をモデルに描かれた作品なんだって紹介されてました。

だからみんな、ラストを知ってて観てるわけで、
どよーんとしたのは自分のせいでした。
…観た人がいたら、ちょっと語り合いたいかも。

(ワタシの勝手な解釈ですけど)「岳」とか、五十嵐大介の漫画に
ロードムービーを混ぜて若くした感じです。
「いのちの食べ方」との、良い対比にもなるかも。

どよーんとしながら劇場を出て、入り口にある書評ボードを見ながら、
悲しさが込み上げて目頭が熱くなるという、貴重な体験をしました。
普通なら上映中に泣くのに。
ホント、良い映画だと思います。

★4つ

でもその後に、催事場でやってた
「ズームイン!!SUPER全国うまいもの博」に夢中になり、
映画の感傷もばっさり消えました。


アクロス・ザ・ユニバース

さ来週から新宿武蔵野館で上映されるみたいです。
オシャレな映画で主人公の名前が「Hey Jude」、
ヒロインが「Lucy in the Sky with Diamonds」
ビートルズナンバーをミュージカルに仕立てた恋愛映画です。

ビートルズの歌詞を、ちゃんと理解したことが
無かったので(英語なので…)ここまで深く
かみしめられたのは良かったです。
もっと曲を知ってればと思いました。

…でも…寝ました。

感情移入できず終いで、歌を聴かせてくれるのも
いいけど、もっと丁寧に前後関係を描いて
欲しかったです。

…というか、ミュージカル仕立てのPVです、これは。
映像はかっこ良かったです。

★3つ

スポンサーサイト

Comment

私も見ました~

from ノブ
はじめまして。
同じような流れを辿ったので、思わずコメントしたくなりました。
「イントゥ・ザ・ワイルド」、私も新宿で見ました。
同じくラストを知らなかったので、最後の方は、え?え~???お願い!!!と心の中で祈ってました。
そして、全部終わって、エンドロールでこみ上げてくるものがありましたi-241
いい映画でしたね。
その後、やっぱり、「全国うまいもの博」でいろいろ試食して帰りました♪

from アズミ
わわわあ…コメントありがとうございます!
ワタシは観客として、主人公のストイックさや真っ直ぐさに惹かれたからこそ、
結末にショックを受け、その結末を受け入れた時に悲しみが込み上げてきたんだろうと思います。
あんなに色んな人に愛されてたのに…
ホントに、ステキな映画でしたねv-265

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://nomadtrace.blog15.fc2.com/tb.php/23-3e7fe629

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。