アズブログ

アズブログ

旅とマンガと食と自ギャグ
プロフィール

安住だいち

Author:安住だいち
マンガ・イラスト描いてます。

↓ハルタにて連載終了しました
インテリアコメディ
「最愛の隣の悪夢」
fellows!

最愛の隣の悪夢 1巻 (ビームコミックス)最愛の隣の悪夢 1巻 (ビームコミックス)
(2012/05/14)
安住だいち

商品詳細を見る
最愛の隣の悪夢 2巻 (ビームコミックス)最愛の隣の悪夢 2巻 (ビームコミックス)
(2013/06/15)
安住だいち

商品詳細を見る

Kindle版も発売中
最愛の隣の悪夢 1巻 ビームコミックス(ハルタ)
最愛の隣の悪夢 2巻 ビームコミックス(ハルタ)

↓同人誌『少女マンガ2』発売中
少女バナー
↓チャリティ同人誌参加します
震災に負けるな!2

カンボジアを舞台にした
読みきり3本掲載されてます。
↓遺跡マンガ「遺されしもの」
Fellows! 2010-OCTOBER volume 13 (ビームコミックス)Fellows! 2010-OCTOBER volume 13
(2010/10/15)
↓舞踊マンガ「祝福の舞」
Fellows! 2010-APRIL volume 10A (ビームコミックス) (BEAM COMIX)Fellows! 2010-APRIL volume 10A
(2010/04/15)
↓旅マンガ「サンライズ」
Fellows! 2009-JUNE volume 5 (BEAM COMIX)Fellows! 2009-JUNE volume 5
(2009/06/15)

テニス・ジャーナル誌にて連載終了しました大学テニス部マンガ
RISE」(原作・磯貝亮一)


Twitter on FC2

リンク
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
QRコード

QR

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110614 Tue
あの頃の原稿。 

あの頃の原稿。 

じめじめしてますね。
いつの間にか6月。

フェローズ最新17号、明日発売になります。

Fellows! 2011-JUNE volume 17 (ビームコミックス)Fellows! 2011-JUNE volume 17 (ビームコミックス)
(2011/06/15)
天乃 タカ、久慈 光久 他

商品詳細を見る

インテリアコメディ「最愛の隣の悪夢」3話目が掲載されております。
二ヶ月に一本なんだから、単品で読めるように作ろうよ!
…と自分でツッコミを入れてみる。

少女マンガ2をお持ちの方には、更にツッコミ頂けるかもです(パラレル)。
あとあと、マキタマキさんって漫画家さんの対談が載ってるよ!!(惜しい!名前が



思えば、この3話目のネームを描いてる時に、震災が起こりました。
不安な気持ちにゆれゆれ地震酔いで、集中力散漫になりながらも、
燃料不足で車を使えず、チャリンコに乗ってファミレスに行って、
計画停電で暗い店内でセリフ考えてたら、
緊急地震速報が鳴って!!…とかとか…
よくあんな状況で捻り出せたなぁ!と思います。
(隔月減ページマンガの分際ですが;;)

あの時は、色々なことが頭の中をグルグルして、
感じたり考えたりすることが沢山あったはずなんですが、
あれから3ヶ月経ち、いつもの通りマンガを描いてると、
3ヶ月前にグルグルしてたことがウソのようで、
慣れきった自分の生活っぷりにビックリします。

あんな衝撃的な出来事があったにも関わらず、
すぐに戻れちゃうのが逆に怖いというか
人間の順応性ってスゴイなと。
それというのも、影響が、
一時的で少なかったからな訳ですが。

…で、
この3話目の原稿が終わってすぐに、
その街のこどもという映画を観に行ったのを思い出しました。
その街のこども
阪神大震災から15年目にあたる昨年に、
こどもの頃に震災を体験した2人が、
図らずともそれぞれの記憶と向き合っていく…という作品で、
NHKで放映された特別ドラマの再編集バージョンだそうです。

出だしは一見なにげない感じでしたが、
タイムリーで身近な題材なだけに、なにげない自然な演出が沁みて、
感情移入具合がすごくなって、号泣してしまいました。

災害っていうのは、マクロ的に見ると一時的にとらえがちですが、
ミクロ的にはもう、個人個人で受けたダメージが千差万別で、
継続的に日常にそっと影を落とすものなんだろうな…と、
運良くも大災害に遭ったことがない自分にも
感じることが出来ました。

これは映画なので、ドラマの中で救われるラストになっていました。
今まだずっと苦しい想いをしている方たちも、
15年後には、この映画の主人公たちのように、
救われて報われる時を迎えられたらと、祈らずにはいられません。

という訳で、この映画、オススメです。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://nomadtrace.blog15.fc2.com/tb.php/107-db6e145a

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。